賃貸でも設置できる浄水器の特徴

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/02/18

質が良く安全に飲める水を気軽に使用できるようにするためには浄水器を設置するのがおすすめですが、賃貸住宅の場合にはどのような浄水器でも設置できるというわけではありません。いずれ退居することになることを考えると、工事をして設置するのではなく建物を傷つけずに自分で取り付けられるタイプの製品が適しています。

大がかりな工事をせずに設置できる

一口に浄水器といっても形状やサイズなどの面で様々なタイプの製品があり、設置のしやすさの点でもそれぞれ違いがあります。例えばセントラル型やビルトイン型といったものは、設置するのに工事が必要となる浄水器です。屋外に設置するセントラル型は家中の水を浄水にできますが、導入コストが高額です。またシンクの下に取り付けて使用するビルトイン型も、配管の取り付け工事が必要となります。

これらのような浄水器は比較的高額で、取り付けに工事が必要となることから、退居の際に原状回復が必要な賃貸ではあまり気軽に取り入れられる製品とは言えないでしょう。だからといってカルキ臭やカビ臭が気になる水を、我慢して使用し続けなくてはならないということはありません。

様々な種類の浄水器が販売されている中には、大掛かりな工事をして建物に取り付けをしなくても使用することが可能なタイプの製品もあります。賃貸ならそもそも設置しないで使用できるタイプや、工事業者に依頼しないでも自分で簡単に水道の蛇口に取り付けして使うことができる製品が選択肢に挙げられやすいです。

これらのタイプの浄水器を使用すれば、賃貸物件に住んでいながらも安心して飲める美味しい水を気軽に使えるようにできます。とはいえそれぞれの製品によって、1度にろ過できる水量やランニングコストなどには違いがあるので、自分に合ったものを選びましょう。

賃貸でも設置できる浄水器の種類

賃貸住宅に設置するのであれば、大掛かりな工事をすることなく導入することができる浄水器を選ぶのがおすすめです。難しい工事が要らないため、比較的気軽に取り入れることができるタイプの製品にはカウンタートップ型と呼ばれているものや蛇口直結型、ポット型というものがあります。

カウンタートップ型はその特徴から据え置き型と呼ばれることもある製品です。このタイプは浄水するための本体を、カウンターに置いて使用するのが一般的です。蛇口の先端と浄水器の本体をホースで繋いで、水道水をろ過する仕組みになっています。

小型で簡単に設置できるタイプのものの中では比較的フィルターのサイズが大きく、ろ過能力も高いのが特徴です。さらにカートリッジの交換頻度も1年から2年に1度程度なので、コストパフォーマンスの良さもカウンタートップ型の魅力となっています。

また蛇口直結型と呼ばれているものも、賃貸住宅で設置しやすいタイプの浄水器といえます。水道の蛇口の先端に取り付けて使用する小型タイプのもので、一般的な住宅の水道の蛇口であれば大抵取り付けが可能です。小型サイズなのでフィルターも小さく、カートリッジの寿命が短い点には注意が必要かも知れません。

そしてポット型の浄水器も、工事をせずに使用することができるタイプのアイテムです。カートリッジが付いたポットに水を入れて浄水する仕組みで、賃貸でも気軽に使用できます。

賃貸住宅に合った大きさであることも大切

ファミリーが住むことを前提に建てられていることが多い戸建て住宅に比べて、マンションやアパートなどの賃貸住宅は面積が狭いことも少なくありません。間取りにもよりますが、浄水器を使いたいキッチンのスペースにもそれほど余裕があるわけではない場合も多いでしょう。

セントラルやビルトインの浄水器は、工事が必要なだけでなくどちらかというと大型のろ過装置を設置しなくてはならない場合が多いです。しかしカウンタートップ型や蛇口直結タイプなどは、自分で取り付けできることに加え、比較的小型サイズとなっているので賃貸住宅でも設置できることが多いといえます。

とはいえカウンタートップ型と蛇口直結型では、蛇口直結型のほうが本体が小型です。取り付けたい水道の周辺に、本体を置くためのスペースが全くない場合にはこのタイプが良い場合もあります。ただしシンク自体が狭いと、蛇口に取りつけたカートリッジ部分が邪魔に感じることも考えられます。その場合には、取り付けをせずに使えるポット型を検討するのがおすすめです。

もしシンク周りに本体を置くためのスペースがあるのであれば、ろ過能力とコストパフォーマンスのバランスが良いカウンタートップ型が良いでしょう。水量が比較的豊富で、製品によってはアルカリイオン水や軟水が作れるものがあるなど、性能の高さも持ち合わせているからです。

 

賃貸でも導入できる浄水器には、大がかりな工事をせずに設置できるということが挙げられます。カウンタートップ型や蛇口直結型、ポット型が賃貸には向いています。設置したい場所のスペースに合わせて適したサイズの製品を選びましょう。

おすすめ関連記事